平塚卓球協会の沿革及び事業方針・計画

2019年度平塚卓球協会の年間事業計画

平塚卓球協会の沿革と事業方針

 平塚市の卓球の端緒は戦前の昭和7年に遡り、幾つかの企業の工場内外で競技が始まっていました。 

 そして、昭和12年には非公式ながら、卓球協会が組織されます。敗戦後の21年には、企業の社員食堂を借り、いち早く平塚卓球選手権が開催され、それを機に正式に平塚卓球協会が発足し、平成28年には創立70周年を迎えます。この間、国民体育大会(平成10年)・ラージボール卓球の全国大会(平成21年)、関東大会(平成24年)等の運営に携わってきました。

 現在、加盟団体は、社会人26・大学1・高校8・中学8で、会員数約800名となっており、毎年7回協会主催の大会を行っております。

 さらに、近年のラージボール卓球の振興をうけ、その普及と健康増進を目標に『卓球初心者ラージボール教室』を行っています。また、次代を担う子ども達の育成として、8月に『小学生卓球教室』を行い、小学生を対象に『平塚ジュニア卓球クラブ』も活動しております。今後も、普及と強化を目標に平塚の卓球の発展を目指して、活動を展開して参ります 。

更新日時:令和元年(西暦2019年)7月17日(水) 7:00

平塚卓球協会事務局:小澤 良造
          固定電話・ファックス番号:0467-26-8880
          携帯電話番号:090-9979-2312
          e-mail:ozawa.ryozo@jcom.home.ne.jp

ひらつかスポーツナビの卓球協会ページへ遷移する